KiRinJI

「着る」を
もっと好きになる。

子どもたちの感性が大きく育つ時期に、
生活の中で一番長く着て過ごす園児服。
安心して着られる服を肌で感じ、
着る・脱ぐ・たたむ、という
生活の基本を身につけ、
みんなと一緒の空間に、
自分の居場所を見つけ出す。
子どもたちの成長に園児服が果たす役割は
あまりにも大きい・・・
だからキリン児は「服育」を通じて
大人も一緒に考え、
語らう場を広げる活動をはじめています。

あなたも子どもたちと
たくさんはなしあって
「どうして?」を考えてみてください。

「どうして?」を
みんなではなそうよ。

「なんで、みんな同じ服を着るの?」

みんなと一緒に
”毎日同じ”が練習なのよ。
自分で着られるようになるのはいつ頃かなぁ。

自己と他者 <社会の一員である自分と出会う>のお話し

親子で過ごす家庭から
他人と過ごす社会にデビューする子どもたち
知らない世界はちょっと不安・・・
でも同じ仲間がいることは、ちょっと安心。
制服が自分の仲間、
居場所を教えてくれる目印になります。

「どうして運動場へ行くときには
着替えるの?」

制服だと生地が伸びないので
動きにくいでしょ。
運動するときは、
ニット生地の方が動きやすいよ。

T P O <園でのお着替えでTPOが身につく>のお話し

「制服」は、はく(織物)生地で
作られることがほとんどです。
布帛生地は、
伸びにくく適度な着圧感があります。
それは、正しい姿勢や行儀の悪い行動の
抑制にもなります。
「体操服」は、
ニット生地で作られることがほとんどです。
動きに応じて生地が伸び自由な動きが出来ます。
鮮やかな色や光沢感により、
元気な子どもたちの動きを感じます。

「バッグなんかいらないのに…」

バッグの中に
何が入っているのかなぁ。
自分のものは自分で持てるようになろうね。

自己所有
<自分があるから、みんなを大事にできる>
のお話し

黄色いバッグは安全色。
街並みの中で目立つ色は大人のやさしさ。
バッグとバッグの中身は、自分だけの世界。
まずはこの小さな世界から、
自分のものを大切に扱うことを学んでいきます。
自分のものとみんなのもの、
バッグはその境界線なのです。

ページトップ