中村被服株式会社ロゴ

製品のお取扱いについて

制服関係のお手入れ方法

子供たちが制服をきっちりと長くきれいに着こなすには、保護者の方によるお手入れがとっても大切です。
いつもの管理、お洗濯の方法、仕上げのアイロン等、それぞれの服にそれぞれのお手入れ方法があります。
間違ったお手入れをすることで取り返しのつかない結果につながることも…

正しいお手入れで、服は長く大切にし、きっちりとした身だしなみを学びましょう。

お洗濯の前に確認しましょう

洗濯の前には名札が付いていないか、ポケットに物が入っていないか、
ほつれかかったりしていないかをしっかりと確認してください。
また、一緒に洗う他の衣類にも、ファスナー・装飾品などの金属製のものがないか、
色落ちするものがないか、十分にご注意ください。
こまめな確認が大切な服を長持ちさせます。

ご自宅で家庭用洗濯機を使用して洗濯ができます

液温は40度までを限度とし、洗濯器による洗濯ができます。

液温は40度までを限度とし、洗濯器による洗濯ができます。

液温は40度までを限度とし、洗濯機による弱水流での洗濯ができます。

液温は40度までを限度とし、洗濯機による弱水流での洗濯ができます。

液温は40度までを限度とし、洗濯機による非常に弱い水流での洗濯ができます。

液温は40度までを限度とし、洗濯機による非常に弱い水流での洗濯ができます。

液温は30度までを限度とし、洗濯機による弱水流での洗濯ができます。

液温は30度までを限度とし、洗濯機による弱水流での洗濯ができます。

ご自宅で水を使用して手洗いをする場合、以下の点に注意してください

液温は40度までを限度とし、手洗いによる洗濯が可能です。(洗濯機は使用できません。)

液温は40度までを限度とし、手洗いによる洗濯が可能です。(洗濯機は使用できません。)

家庭での洗濯処理はできません。

家庭での洗濯処理はできません。

漂白処理はできません。

漂白処理はできません。

アイロンのかけ方…長くきちんとしたシルエットを保つには
アイロンをしっかりとかけるようにしましょう

底面温度110度を限度として、スチームなしでアイロン仕上げ処理ができる。

底面温度110度を限度として、スチームなしでアイロン仕上げ処理ができる。

底面温度150度を限度として、アイロン仕上げ処理ができる。

底面温度150度を限度として、アイロン仕上げ処理ができる。

アイロン仕上げ処理はできません。

アイロン仕上げ処理はできません。

クリーニングに出す場合の注意点

パークロロエチレン及び石油系溶剤でのドライクリーニング処理ができます。

パークロロエチレン及び石油系溶剤でのドライクリーニング処理ができます。

石油系溶剤でのドライクリーニング処理ができます。

石油系溶剤でのドライクリーニング処理ができます。

ドライクリーニング処理はできません。

ドライクリーニング処理はできません。

洗濯後の衣類の乾燥方法にも注意しましょう

吊り干しによる自然乾燥処理を推奨しています。

吊り干しによる自然乾燥処理を推奨しています。

日陰での吊り干しによる自然乾燥処理を推奨しています。

日陰での吊り干しによる自然乾燥処理を推奨しています。

洗濯処理後のタンブラー乾燥処理はできません。

洗濯処理後のタンブラー乾燥処理はできません。