中村被服株式会社ロゴ

製品のお取扱いについて

制服関係のお手入れ方法

子供たちが制服をきっちりと長くきれいに着こなすには、保護者の方によるお手入れがとっても大切です。
いつもの管理、お洗濯の方法、仕上げのアイロン等、それぞれの服にそれぞれのお手入れ方法があります。
間違ったお手入れをすることで取り返しのつかない結果につながることも…

正しいお手入れで、服は長く大切にし、きっちりとした身だしなみを学びましょう。

お洗濯の前に確認しましょう

洗濯の前には名札が付いていないか、ポケットに物が入っていないか、
ほつれかかったりしていないかをしっかりと確認してください。
こまめな確認が服を長持ちさせます。

取扱い絵表示を確認しましょう

制服には必ず洗濯表示と呼ばれるマークが付いています。
これはお手入れをする際に守らないといけないルールをあらわしています。
家で洗えるものなのか?それともクリーニング?
下記にKIRINJI園児服製品に使ってある取扱い絵表示を記載してあります。
正しい意味を理解して、服を長く大切に使用しましょう。

家で洗濯機を使ってお洗濯ができます

液温は40度までとし、洗濯機による洗濯ができます。

液温は40度までとし、製品をネットに入れて洗濯機による洗濯ができます。

液温は40度までとし、洗濯機の弱水流または手洗いによる洗濯がよいです。

液温は30度までとし、洗濯機の弱水流または手洗いによる洗濯がよいです。

家でお水を使って手洗いができます

液温は30℃までとし、弱い手洗い(振り洗い、押し洗い及びつかみ洗いがある)が良いです。(洗濯機は使用できません。)

液温は30℃までとし、中性洗剤で弱い手洗い(振り洗い、押し洗い及びつかみ洗いがある)が良いです。(洗濯機は使用できません。)

水洗いはできません。

塩素系漂白剤による漂白はできません。
柄物であれば色が抜けてしまったり、素材によっては生地を痛めてしまいます。

アイロンのかけ方 … 長くきちんとしたシルエットを保つには
アイロンをしっかりとかけるようにしましょう

アイロンは低めの温度(160℃を限度)とし、あて布をし、中程度の温度(140~160℃まで)で掛けます。

※アイロン下の波線は当て布の印です。この印が付いているときは、当て布を使用してください。

アイロンは中くらいの温度(160℃を限度)とし、あて布をし、中程度の温度(140~160℃まで)で掛けます。

※アイロン下の波線は当て布の印です。この印が付いているときは、当て布を使用してください。

アイロンをあててはいけません。スチームを出しながらアイロンを浮かしてなでるようにしましょう。

※必ずクリーニングに出してください

ドライクリーニングができます。溶剤は、パークロロエチレン又は石油系のものを使用します。
デリケートな素材にはこの洗い方が適しています。

※洗濯機の「ドライコース」や、「家庭用ドライクリーニング洗剤を使用する」の意味ではありません。

ドライクリーニングはしないでください。

お洗濯が終わったら

お洗濯が終わったら、ハンガーにかけて風通しの良い日陰で吊り干しにしましょう。