中村被服株式会社ロゴ

『製品は、製作者の人格であり生命である。合掌』

創業当初より「製品は、製作者の人格であり生命である。合掌」の理念のもと、
戦時下には広島陸軍被服廠の監督工場となり軍の外服を生産し、
終戦後、統制経済化において民需品及び高校制服を縫製、販売に専従し、
「キリン児園児服」のブランドで全国の園児の皆様に当社の服をご着用頂いております。
ものづくりに対し真摯に取組んだことが縫製技術となり、
マツダ防府工場進出に伴い自動車用シート縫製を開始し、
また昨今の食品流通に適した保冷ボックスも製造し、
当社を支える大きな柱として成長を続けております。
そして、中村被服株式会社古浜倉庫は、縫製業でありながら、その枠にとらわれず
絶えず新しいものに挑戦するという現れでもあり、
その時代にいち早く適応しながら、
努力と工夫を重ね今日の中村被服株式会社を築き上げてまいりました。

沿革

大正−昭和

年月 事項
1924年 / 大正13年 防府市問屋口にて中村メリヤス工場を創業
1932年 / 昭和7年 広島陸軍被服廠の指定工場となる
1953年 / 昭和28年 中村被服株式会社を創立 園児服および警察官制服の縫製・販売に専従
1973年 / 昭和48年 日韓合弁による吉中産業株式会社設立
1975年 / 昭和50年 保税倉庫を設立し、一切の貿易業務を開始
1981年 / 昭和56年 中国紡績品進出口公司、山東省分との輸出入開始
1984年 / 昭和59年 浜方工場新設 (マツダ車シート縫製開始)
1988年 / 昭和63年 遼寧省五金砿産進出口公司との輸出入開始
保冷ボックス製造開始

平成

年月 事項
1989年 / 平成元年 コンピュータ裁断システム設置稼働
1995年 / 平成7年 阪神大震災復旧ボランティア奉仕
パーソンズ商標サブライセンス契約
保冷保温ボックス生産開始
1997年 / 平成9年 コンピュータグラフィックス(CG)稼働
2001年 / 平成13年 CTIプログラム(※)受注支援システム稼働
2007年 / 平成19年 古浜倉庫完成・倉庫業登録
全省庁一般競争参加資格取得
2010年 / 平成22年 園児服ベトナム生産開始
2011年 / 平成23年 東日本大震災救援物資支援
2015年 / 平成27年 保冷ボックスベトナム生産開始

※CITとは「Computer Integrated Manufacturing:電話とコンピューターの統合システム」の略です。